【メロスピ入門】メロディックに疾走するメタルバンド10選【邦楽編】

どもです。

 

今日は前回の[【メロスピ入門】メロディックに疾走するメタルバンド10選【洋楽編】]の続きで、

日本のメロディックスピードメタルに属されるジャンルのバンドをご紹介します。

 

Unlucky Morpheus 「CADAVER」

Unlucky MorpheusはVo.冬黄さんとGt.紫煉さんによって結成された音楽同人サークル。

通称あんきも。

 

バンド界隈では珍しくバイオリニストがいるのが特徴で、

めちゃくちゃドコドコピロピロの

メタルオブメタルです(語彙力)

 

ボーカルの美しさ、ギターのテクニック全てにおいて満点です。

X JAPANの影響をかなり受けており、激しさの中に旋律の美しさが覗えるようなサウンドで

またデスボイスが入っている曲もチラホラあります。

 

メタルビギナーの方に是非聞いてほしいバンドです。

 

GALNERYUS 「ANGEL OF SALVATION」

GALNERYUSは日本のメタルシーンを代表するバンドです。

通称ガルネリ。

 

ギターのSYUさんの超絶テクは半端なく、

クラシック楽曲をそのままギターで曲に取り入れるなど非常に高度なテクニックをお持ちで

 

他にもメンバー全員が高度な技術をお持ちで

もうとにかく上ん手い!

 

曲もクサくてかっこいいし、ドラマチックで壮大なメロディがたまりません!

私は学生の時「ガルネリウス弾けたら最強ギタリストなんだろうな~」って思ってました(笑)

 

ちなみに現在のボーカル小野正利さんは昔ものまね番組でX JAPANの紅を歌っていた人です。

 

摩天楼オペラ 「喝采と激情のグロリア」

摩天楼オペラはビジュアル系メタルバンドで、

V系メタルというジャンルを代表するのは間違いなく彼らです。

 

音楽ジャンル的にはシンフォニックメタルに当たる楽曲を軸に

高い技術力とパフォーマンスで多くのファンを得ています。

 

中でもVo.苑さんの耳を疑うような強烈なビブラートとハイトーンボイスが特徴的で、

楽器隊の圧倒的な音数には開いた口が塞がりません。

 

V系だからといって舐めてかかったら痛い目見ますヨ。

 

Versailles 「Philia」

Versaillesはこちらも同じくビジュアル系メタルバンドで、

Vo.KAMIJOとGt.HIZAKIを中心に結成されました。

 

音楽の方向性は上記摩天楼オペラと近く、シンフォニックメタル寄りで

Vo.KAMIJOさんの野太く、美しいボーカルラインと

Rhapsodyなどのクラシックを融合したバンドの影響を受けたサウンドは

とても魅力的かつテクニカルです。

 

後にVo.KAMIJOさんはソロプロジェクトへ、他のメンバー4人は「Jupiter」を結成。

 

SEX MACHINEGUNS 「TEKKENⅡ」

SEX MACHINEGUNSはジャパメタ(JAPANESE METAL)を代表するヘビィメタルバンドです。

その歌詞はほとんど日本語で作られていて、

 

タイトルが「みかんのうた」や「みどりのおばちゃん」など

ユニークな曲が多く、一部の界隈ではコミックバンドとも言われていますが、

 

曲を聴いてみたらあらびっくり、

めっちゃ激しくてカッコ良い!!

 

この歌詞と曲調のギャップが大ヒットにつながったワケですね。

カラオケで歌えば知らない人でもウケます。笑

 

Dragon Guardian 「暗黒舞踏会」

Dragon Guardianは勇者アーサーによるメタルプロジェクト。

この「暗黒舞踏会」は音楽ゲーム「Guitar Freaks」「DrumMania」(通称ギタドラ)に収録されて

瞬く間に有名になりました。

 

RPGをテーマにした曲が多く、たしかにゲームのエンディングなどで流れてきそうな曲が多いです!

ツーバスドコドコでクサいギターは個人的に超ツボです。

最高ですね。

 

ちなみにこの曲は先ほどご紹介したUnlucky Morpheusのボーカル冬黄さんがボーカルを務めています。

 

SKYWINGS 「GLORIA」

SKYWINGSは「究極の美旋律」「人類にはまだ早すぎる美旋律」をモットーに活動する

エンジェルロックバンド(?)です!

 

そのバンド名からも想像がつく通り、

壮大で爽やかな疾走感と美しい旋律が特徴です。

 

ジャンル的にはシンフォニックメタルに近いと言ったところでしょうか、

非常に親しみやすいメロディと壮大な音数で数々のメタラーを唸らせました。

「これはクセぇ!!」と。(笑)

 

インディーズメタル界隈の注目の的です。

 

Gauntlet 「Beyond The Wall」

こちらも同じく注目の国産インディーズメタルバンドGAUNTLETです。

クサメタル好きには間違いなく刺さるこのジャパメタサウンドは

すんごいクセになります。

 

例によってX JAPANの影響も受けており、

紅のカバー動画もYoutbeで公開されていますね!

 

サビの壮大感、ギターリフの作りこみ、メロディー

100点満点です。

 

Phantom Excaliver 「Mother Earth」

Phantom Excaliverは元々X JAPANやSEX MACHINEGUNSのコピーバンドだったそうで、

そのままオリジナルバンドに移行したバンドです。

(たしかに完全に髪の毛がYOSHIKIの人がいますねww)

 

このバンドを知ったきっかけもまた面白いエピソードなのですが、

都内の某スタジオのMUSIC VIDEOで流れていて

バンドメンバーと顔を合わせて「X JAPANやん・・・」って同時に言ったのを覚えています(笑)

 

このバンドはボーカルのkacchangさんがデスボイスを担当しており、

時折メロデスみたいなサウンドが楽しめます。

 

コミカルなPVも注目です!

マーザーアーーーース‼‼\( ‘ω’)/

 

X JAPAN 「Silent Jealousy」

いよいよ最後は上記でご紹介してきた数々のバンドを影響させた伝説のバンド、XJAPANです。

 

言わずもがな知れたX JAPANも一応初期はメロディックスピードメタルと言われています。

今ではクラシックや、ピアノを使った曲のイメージだったり、

かなり壮大な音楽性になったと思います。

 

またTVバラエティなどで、ドラムを破壊するシーンなどのイメージが強いかと思います!

 

元々のルーツはドラムのYOSHIKI曰く

ロックバンド「KISS」の影響やパンクロックに憧れたらしく、

このサウンドはYOSHIKIがドラムの速さを追求して出来たもので、

そこにポップス好きのhideや、ハードロックオヤジPATAとTAIJIが加わり今のXサウンドを作りました。

 

まさしく唯一無二の存在です。

 

このジャンルに囚われないスタイルがめちゃくちゃカッコいいですね。

 

X JAPANは私自身もめちゃくちゃ影響受けたバンドなので、全部説明しようとするとキリがないのですが、

YOSHIKIのドコドコツーバスは数々のドラマーがドラムを始めるきっかけになるほど神的な技術力だったり、

TOSHIの歌唱力やhideのカリスマ性は多くの人を魅了しました。

 

「V系」を日本に流行させた元祖ビジュアル系バンドでもあり、

その語源もデビュー当時アルバム「Blue Blood」のキャッチコピーである

「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」

から来ています。

 

初期はとても速い曲が多く、日本を代表するヘヴィメタルバンドです。

 

 

 


いかがでしょうか。

上記のように日本のメロディックスピードメタルバンドは

ほとんどがX JAPANに影響されているのですね!

本当に凄いです。。。We Are X!!

 

以上、なんやかんや半分くらいX JAPANの紹介になってしまいましたちばけんでした。

hideki1107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top