ダイエットとお酒の関係【お酒は太る?太らない?】

どもです。

 

 

今日のテーマは「ダイエット中にお酒飲んで良いのか問題」です。

以前にダイエットの基本知識PFCバランスについて解説しましたが、今回はその応用編で、お酒のカロリーについてのお話です。

 

私は実はかなり酒好きでして、やはり減量中に禁酒するのは辛いです。

むしろ禁酒がストレスになって減量が失敗するリスクがあります。

上手にお酒と付き合っていれば、減量は成功します。

 

お酒を飲んでいたら太る?

 

結論から言いますと、飲みすぎると太ります。

つまり逆を言えば適量飲めばOKです。

じゃあどのくらいが適量なんだよ!

って思うとおもいますが、大体の目安はこのくらいです。

缶ビール ロング缶で 1缶まで
ハイボール ロング缶で 3缶まで
焼酎 甲類を割って グラス3杯まで
ストロング缶 ロング缶で 1缶まで

※個人的な目安なので参考にしてください。

 

お酒のカロリーは?

糖質を含むお酒とそうでないお酒

お酒は種類ごとにカロリーが違います。

その理由は糖質の量アルコールの含有量が関係しています。

 

大体の人は晩酌で夜にお酒を飲む方が多いと思いますが、

いつも言っている通り、夜に糖質を摂ると太ります。

 

お酒は糖質があるものとないものがあります。

 

  • ~糖質が含まれるもの~

  • ・ビール

  • ・カクテル

  • ・日本酒

  • など

 

  • ~糖質が比較的少ないもの~

  • ・蒸留酒(ウイスキー、テキーラ等)

  • ・ハイボール

  • ・ストロングゼロ

  • ・ワイン

  • など

 

私が特にオススメするのはハイボールです。

 

成分表示を見てみると

エネルギー  約100kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物(糖質) 0g

※グラス1杯あたり

 

実はハイボールは糖質が0gなんです!

逆に日本酒、ビールは糖質、プリン体が多く含まれるので脂肪になりやすいです。

 

  • 缶ビール
エネルギー 約150kcal
たんぱく質 1g
脂質 0g
炭水化物(糖質) 11g

※350ml缶あたり

 

  • 日本酒
エネルギー 約200kcal
たんぱく質 1g
脂質 0g
炭水化物(糖質) 9g

※1合あたり

 

ところでみなさん気づきましたでしょうか?

たんぱく質のカロリーは、1g=4kcal。

脂質のカロリーは、1g=9kcal。

炭水化物のカロリーは、1g=4kcal。

 

どうも計算合わなくないでしょうか?

そうなんです、エネルギーが必要以上に高カロリー・・・

その正体、実はアルコールのカロリーなのです。

 

アルコールはたんぱく質?糖質?

ところでアルコールはPFCのどこに分類されるかみなさんご存知でしょうか?

 

実はたんぱく質脂質炭水化物どこにも所属しません!!

 

どういうことかというと、アルコールは特有のカロリーを持っていて

PFCどこにも所属しないカロリーの事を

「エンプティーカロリー」といいます。

 

たんぱく質は血液や筋肉を作るカロリー。

脂質は健康の維持などに関わるカロリー。

炭水化物は人間のガソリンの役割をするカロリー。

 

そしてエンプティーカロリー

何も作用することはないが、一応エネルギーとしての働きをするカロリー。(要するに空っぽのエネルギー)

 

つまり摂取しても、体は「こんな成分いらねえ!!」という風に

優先してアルコールを吸収→分解しようとします。

 

そうすると、胃の中に消化を待機している食べ物を押しのけて先にアルコールが消費されるようになります。

 

アルコールは脂肪よりも燃えやすい

人間はダイエット(減量)中、摂った食事と体の脂肪を燃やしてエネルギーにしています。

 

アルコールを体に入れてしまうと、先述したアルコールを優先的に消化しようとする働きがあるため、脂肪の燃焼をSTOPさせてしまいます。

 

完全にアルコールが消費しきったところで脂肪の燃焼が再開されるというイメージなので、いつもより太りやすいというデメリットはどうしても発生してしまいます。

 

お酒が太ると言われている原因

最近酒っ腹なんだよね

という声は少なからず聞いたことがあると思います。

普通に太るのとお酒によって太ることは別と思っている方が多いと思いますが、

極論

「毎日マック食べて太るのと、お酒で太るのは大して変わらない」

です。

 

その理由はズバリ「おつまみ」です。

 

大体の方はお酒を飲む際に一緒に食品を食べていると思います。

餃子や、からあげポテトにお菓子・・・

お酒で太るほとんどの原因がこの「おつまみ」によるカロリーオーバです。

 

もちろんお酒単体にもカロリーがしっかりあるので、お酒自体を飲みすぎてカロリーオーバーも少なからずありますので、しっかりと計算しながら飲酒できたら上手にお酒と付き合いながら痩せることが可能でしょう。

 

太りにくいおつまみ

・枝豆

・さきいか

・サラダ(ポテトサラダはNG)

・あさりの酒蒸し

 

・・・など。

 

いつも言っていますが、夜に脂質と糖質は最悪の組み合わせです。

糖質が入っているお酒 + 脂質の多いおつまみ

で見事に太る方程式が完成してしまいますので、おつまみもできるだけ低脂質、低糖質のものを選ぶように心がけましょう。

(枝豆やサラダのドレッシングなど、少量の脂質が含まれますので食べすぎに注意してください。)

 

実際のところどうなん?

やはり理論が分かっても、問題は実体験が大事ですよね。

 

私ちばけんはお酒をしっかりカロリー計算して減量をしているので、

週に2回ハイボールおつまみにササミという組み合わせで晩酌していますが、

それでも1ヵ月で体重は-5kg体脂肪率は-6%落ちているので

この記事の内容をもう一度見返して、上手に取り入れてみてください。

 

我慢する必要なんてないのです。

 

以上、チートデイはビール5杯と日本酒3合で幸せになれるちばけんでした。

hideki1107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top